水没してしまった時自分でできる応急処置はある?

すぐにやるべき応急処置とは

スマホを水没させてしまった場合では、正しい応急処置を施すことでデータが復旧する確率を高めることが可能です。最初にやるべきことは、バッテリーやSIMカード、SDカードを取り外すことです。バッテリーに残っていた電気でショートしてしまう可能性があるので、迅速に取りかかるようにしましょう。本体が故障したとしてもSDカードが無事ならば、データが消えることはありません。取り外し終えたら、柔らかいタオルでしっかり水を拭き取ります。その後はスマホを自然乾燥させ、さらに密閉できる容器にスマホと乾燥剤を一緒に入れて置いておくと良いでしょう。天日干しにするのも良いですが、気温が高い場合ではスマホが熱くなりすぎて故障の原因になりかねないので注意してください。

応急処置をする際の注意点

スマホを水没させてしまった場合に注意するべきポイントは、電源を入れないことです。水没による故障の多くは、内部に残った水分によってショートしてしまうこと原因となっています。焦って電源を入れてしまわないように注意しましょう。また、スマホを振って水を出そうとするのもやめた方が良いです。ゴムパッキンなどによって水の浸入を防ぐ機能がスマホには備わっていますが、振ってしまうと内部にまで水が入り込んでしまう可能性があります。さらに、ドライヤーで乾燥させようとするもの避けるべきです。温風を当て続けることでスマホの温度が高くなりすぎてしまい、回路が故障してしまう恐れがあります。その上、風によって水を内部にまで浸入させてしまう可能性もあるので、やってはいけません。