データのバックアップをしておこう!

スマホのバックアップは絶対に必要

スマートフォンは定期的にバックアップデータを取っておいた方が良いでしょう。バックアップとはスマホのデータを別の場所にコピーしておくことです。正規修理店に出すことによって、スマホが初期化されてしまう可能性が非常に高くなります。 非正規店の中には初期化をせずそのまま修理に出して返ってくる可能性もありますが、直るかどうかは故障状況によって異なるため、注意が必要です。修理費用や修理で直るまでにかかる期間は事前に確認を取らなければなりませんが、どうしても時間がかかるのがいやな場合は非正規店での修理を行った方が短時間で済む上、データが残っている可能性はあります。ただし、非正規店であっても100パーセントの確率でデータを初期化しないとは言い切れません。そのため、定期的にバックアップを取っておくことが望ましいでしょう。

スマホのバックアップの頻度とやり方

定期的にバックアップをしたほうが良いといわれても、どれくらいの頻度で保管しておけばいいのか、わからないという人は少なくありません。一般的には1カ月おきに取っておけば万が一のときに安全だといわれています。 また、スマートフォンの種類によってはオンラインストレージによってバックアップが可能となることも少なくありません。ただし、データ保管できる機能は機種やオンラインストレージの種類によって異なるため、事前に確認してから実行しましょう。 さらに、市販されているスマホ用のバックアップソフトを購入し、スマホにインストールする方法もあります。バックアップの保存先などを選択して実行することで保管が可能です。どのやり方が自分に向いているのか、一度試して相性のいいやり方で保管すると良いでしょう。